車はどの程度のキズで修理に出せばよいのか

キズの修理はどこに依頼すると良いのか

車のキズの修理は板金塗装へ

そもそも車のキズの修理はどこへ行けばよいのでしょうか。
車を販売しているお店に持っていっても、交換はしてくれますが塗装は別です。
ボディーを交換してしまったら高額な費用がかかりますので、部分的に治せる、板金塗装、へ車を持っていきましょう。

近年ではDIYで治す方法も紹介されています。
ネットの情報ですので修理の仕方にバラツキがありますが、費用が安くなることは確かです。
デメリットは初挑戦のほとんどは失敗していることです。
技術が必要な仕事ですので良いクォリティーで仕上げることが難しく、実験に近い作業になってしまいますのでリスクが高いです。
無理に自分で試して失敗すると、治す部分が増えてしまうこともあり、修理費用が高くなります。

ディーラーや保険を利用する

ディーラーに持って行くとほとんどの場合、板金工場に外注していることが多く、費用も高めです。
ディーラーとは車の販売や、手続きをしてくれる店の営業みたいな人のことです。
外注している理由はディーラーでは他の車も保管しており、塗りたての塗装がつかないようにしなくてはならないのです。
サービス内容が良いかもしれませんが、費用を考えると直接板金工場へ持って行ったほうが安くなることが多いです。

車は高額な商品ですので、様々な保険に加入することになります。
その保険をキズで適応するべきでしょうか。
長い目で見ると保険を乱用するよりは、小さいキズならば自費で治した方がよさそうです。
保険の等級が下がり保険料が上がってしまいますので、保険会社にどちらが得になるのか相談してみましょう。


この記事をシェアする